トーキョーフタリノベ

夫婦で築50年の狭小マンションに引越し。激安セルフリノベとほぼ日手帳とねこと東京の日々

【連載1回】株式会社リロバケーションズの1000円別荘宿泊体験でポイントバケーション軽井沢に行って、セールストークを聞いてきた感想。

スポンサーリンク

日本初のポイント制タイムシェア別荘」と銘打って、会員制のホテル(マンション?ペンション?)を日本のあちこちで運営している株式会社リロバケーションズ。

1000円宿泊体験が当たりましたので、夫婦2人で行ってきました。

別荘というよりカラオケボックスな室内のことや、会員権のセールストークのこと、食事のこと、料金体系のこと、セールスしてきたスタッフさんがあまりにも拙いため聞いていて切なかったことなど、さらっと書くつもりがめっちゃ長くなりそうなので3回くらいに分けて書こうかな〜と思います。

 

 

リロバケーションズとは

ポイント制タイムシェアリゾートという、まずうん百万で会員権を買って、毎年うん十万払ってポイントを購入し、そのポイントを使ったら、日本全国のリロバケーションズが運営する宿泊施設に5400円で泊まることができるという、なんだかお得な気がするけれど、本当にお得なのかどうかよくわからないシステムで運営している会員制ホテルみたいなところ。

会社的には「車一台分というお安い価格で日本中に別荘を持つことができる」みたいな言葉でセールスしているっぽい。

私たちは1000円宿泊体験が当選したけれど、500円宿泊体験、2000円宿泊体験、3000円宿泊体験など価格に若干差があるものの、そこらじゅうで高い当選率で宿泊体験を実施しているようです。

company.pvr.jp

リロバケーションズ1000円体験に当選!?本当は最初から決まってたんじゃないの?

4月29日に日比谷公園に行きますと、ニッポン放送のイベントを開催していました。

そこで、アラフィフの旦那とアラフォー嫁が無料でヤクルトの試供品や、コーヒーの試供品、ドレッシングの試供品など、いやしく試供品をもらいまくっていると、リロバケーションズのブースでくじ引きを実施していました。

・50歳以上

の人だけ引くことができるというそのくじ引き、なんと当選者は1000円で軽井沢や箱根など日本各地の別荘に宿泊できる権利が当たるとのこと。

旦那が50歳以上ならくじ引きひけますよと担当者の方が言ってくださり、くじ引きを引く前に年収やら、貯金やらのアンケートにチェックを入れると、そばにあるくじ引きの箱ではなく、わざわざちょっと遠い場所にあったくじ引きの箱を用意してひかせました。

この時点で旦那が「絶対どっちかが当たりの箱で、どっちかがはずれの箱やで」と耳打ち。

くじ引きではなく、その前アンケートの年収と貯金額により当選者を選んでるのだと旦那は主張。

旦那はアンケートに年収600万円以上と、貯金額1000万円以上にチェックを入れたらしいのです。

案の定、旦那は当選くじをひきました。

真実は藪の中ですが、いやあ、なかなかに名推理やなと思いました。

いやしい男やで!笑

その後私たちは、日比谷野外音楽堂の「NAONのYAON」も音漏れを堪能するという(生まれて初めて日比谷野音を外から音聴いたけど、最高だった)さらに夫婦でいやしくて贅沢な行為を堪能しました。

途中で夕飯食べに帰ったけど、最後のSHOW-YA聴きに戻ってしまうくらい良かったです。

小柳ゆきは歌が超絶うまかったです。

 

で、当たったけど、旦那よ、あなたはリロバケーションズの別荘に本当に行く気か?

ポイントバケーションリロの1000円別荘体験に当選し、この人本当に行く気あるのかなと思ったら、「ゴールデンウィークで箱根か軽井沢空いてますか?」ですと。

めっちゃ行く気やん!

・5月3日 軽井沢

・5月5日 箱根

が空いていたので、1年の内で一番の繁忙期であるゴールデンウィークの宿泊スケジュールに空きがあることに驚きつつも、連休の最初の方に出かけた方が休み明けに体が楽であろうという年寄り的発想で軽井沢に行くことにしました。

旦那曰く、当選したの4月29日だったんで、もうゴールデンウィークはじまってるし多分あかんかなと思ったけど、ゴールデンウィーク何の予定もなかったのでダメ元で聞いたらしいです。

 旅費もけちった私たちは、移動手段に高速バスを選び渋滞に巻き込まれひいひい言いながら軽井沢駅に到着したのでした。

 

ポイントバケーション軽井沢は、軽井沢駅付近にはない上に、めっちゃ駅から遠い

ポイントバケーション軽井沢は、軽井沢ではなく、軽井沢駅からしなの鉄道に乗って3駅の御代田駅が最寄り駅になります。

さらに、そこからポイントバケーション軽井沢のそばまで行くバスなどの公共交通機関はなく、タクシーで行くしかありません。
駅から徒歩10分ほどのスーパー「ツルヤ」で買い物をしたのですが(私が軽井沢旅行で最も楽しみにしていたのがツルヤ。ジャムが美味しくて有名。PB商品もたくさん展開していて、野菜等も安くて新鮮なものがたくさんで最高のスーパーでした)、国道沿いのツルヤ御代田店のお客さんはほぼ自家用車で来ているようで、駐車場にタクシーの姿はなく、ツルヤからポイントバケーション軽井沢に行くには、タクシー会社に電話をかけて配車してもらいました。

そこから5分ちょっとでポイントバケーション軽井沢に到着。

ちなみに乗車料金は1180円でした。

 

www.tsuruya-corp.co.jp

 

カラオケボックスみたいな別荘「ポイントバケーション軽井沢」

建物自体は3階建てで、多分軽量鉄骨造でちゃちな感じでした。

いくつかの棟に別れているようですが、どれも軽量鉄骨なんじゃないかな?

マンションというより、アパート、良く言ってテラスハウスという建築です。 

到着後、フロントで手続きをして部屋に案内されました。

玄関はマンションドアのような重いしっかりとしたドアがあり、表札に名前が書いてありました

部屋は1LDKで多分40平米くらいかな?

キッチン2畳、リビングダイニング10畳、寝室4畳という印象の間取りでした。

印象としては、カラオケボックスみたい。

壁紙もあちこちが汚れていて、めくれかけていました。

壁のセンターに一直線に走るトリムも90年代初頭風で、もともと安い別荘だったものを中古で買い、ろくにリフォームもせずに使い回ししているのだろうなと予想しました。

もし新築で建てているなら、2000年にリゾート事業を開始しているので18年でここまでくたびれているのか〜、管理があんまりなのかもな、という印象。

1000円宿泊だから文句は言わないけれど、これ1泊1万円だったらぷりぷりして、二度と利用しようとは思わない安っぽさだなというのが本音です。

f:id:jikobukken:20180507200949j:plain

f:id:jikobukken:20180507200926j:plain

寝室の壁紙はまさかの赤(朱色)。

f:id:jikobukken:20180507202219j:plain

向かって左のベッドの壁紙のはがれがとても気になりました。

写真で見たらそこまで気にならないのですが、実際肉眼で見ると「あかんやん!壁紙剥がれてきてるやん!」と思いました。

ベットのマットレスのスプリングも硬く、寝心地はいまいちかな。

そして何より、寝るときにまくらがくさくて苦しみました。

「枕が臭くて寝られへん!」と旦那に何度もぐちって当たり散らすくらいまくらが臭かった。

あかんやん。f:id:jikobukken:20180507202120j:plain

翌朝、この扉を開けたら布団の予備や枕が入っていたので、まくらを交換したらよかったと後悔しました。

そんなにたくさんホテルに泊まって来てませんが、今まで泊まったホテルの中で最も枕が臭かった。

f:id:jikobukken:20180507202419j:plain

キッチンには多分ニトリなんやろなぁという食器棚が設置されていました。

ホテルに非日常を求める人には向かない庶民的な感じが気になるわあ。

f:id:jikobukken:20180507202637j:plain

洗面はそこそこ綺麗でした。

トイレ(写真撮り忘れた)も小さかったですが綺麗でした。

残念だったのはお風呂。

我が家のお風呂はユニットバスなのでお風呂をためてゆっくり長風呂しようと思っていたのですが、浴槽の底に着色汚れがこびりついていて、使う気になりませんでした。

f:id:jikobukken:20180507202804j:plain

f:id:jikobukken:20180507202846j:plain

洗面器とかお風呂イスとかもあんまり綺麗ではなく残念でした。

温泉があるので、温泉に行きゃあいいんですけどね。

で、温泉はそこそこ広くて露天もあって、シャワーも水圧があり使い心地良かったんですけどね。

個人的には、室内が広いのと温泉は良いけれど、立地も悪いし、建物も安っぽいので、これが通常価格で1人一泊5000円、繁忙期価格7000円とかなら、まあ妥当かなというところです。

 

次回はセールストークと食事について書くよ〜

本日はここまで。

めっちゃ長くなってしまった。

とにもかくにも、私たち夫婦が宿泊したポイントバケーション軽井沢はカラオケボックスみたいでしたよっていう。

それが印象の八割ですね。

f:id:jikobukken:20180507203356j:plain

友達に写真送ってもカラオケボックス説濃厚。

f:id:jikobukken:20180507203308j:plain

そして、会員権の価格についてちょこっとラインで触れてますね。

価格が300万から100万まで変動しているあたりが次回の話のミソですよ〜。

お楽しみに!!

 

※次回価格表等が登場しますが、リロバケーションズの方に別にブログに書くなとも、SNSに書くなとも口頭で注意も受けておらず、誓約書等も書いていませんので、全部公開する予定にしています。批判的なことを書くと、削除依頼が届くという噂もあるので、ワクワクしています。全て報告していきますね!2018年5月7日現在

 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

久しぶりにランキングバナーつけたら16位までアップ!大感謝です。