トーキョーフタリノベ

夫婦で築50年の狭小マンションに引越し。激安セルフリノベとほぼ日手帳とねこと東京の日々

押入れの天袋の天板が劣化してバキバキだったのが、やっと上から化粧板を貼ってもらえました。

スポンサーリンク

f:id:jikobukken:20171009131230j:plain

<今日のブログは9月5日の出来事について書いています(報告忘れてました)>

これが我が家の天袋です。

天板がバリンバリンに割れていて、ダンボールを置いたらミシミシ鳴って底が抜けそうなので、軽いものしか置けなくて不便でした。

工務店さんが板を張り替えてあげるよって言いだしてから4ヶ月。

工務店さんがいつ来ても良いように天袋の上を空の状態にして待ち続けました。

天袋の張り替え待ちの押入れ

f:id:jikobukken:20170817144625j:plain

ドタキャンも数回。

電話の折り返しの約束破りも数回。

自分で張り替えた方が早いんじゃなかろうかと思いつつも、いや、最初からこんな状態だったんだし、大家さんのお金でやってもらうべきだと何度もぐっとこらえてきましが、待ちぼうけが繰り返されすぎてさすがに腹が立って、電話できつく怒ったら、1時間後に来てくれました。

そうか、怒ればよかったのか。

f:id:jikobukken:20171009131521j:plain

小一時間ほどで張り替え終了。

カッカしてる私とは対照的に、職人さんをもてなすおばけちゃん。

f:id:jikobukken:20171009132337j:plain

この上から貼った白い合板が、ずっと工務店のトラックに乗ってた、ボロい合板ということに気がついていたけれど、ここで文句いったら今年中に貼り替えてもらえなさそうなので我慢しました。

工務店さん良い人たちなんだけど、本当にゆるい。

社長とか多分もう80歳くらいで、若手の職人さんでも60歳くらい。

なんか、謎の工務店さんだわあ。

f:id:jikobukken:20170922230552j:plain

ということで、押入れが広々しました。

あ〜すっきり。

引っ越しして4ヶ月たってやっと、置きたかった場所に置きたかったものを置けるようになりました。

 

引っ越ししてから工務店さんにしてもらったこと

・ユニットバスに換気扇をつけてもらう

・カーテンレールの交換

・天袋に化粧板を貼る

声を大にして言いたい。

入居前にしといてくれよ!

 

 ブログランキングに参加しています

 

 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
報告忘れていてすみません