トーキョーフタリノベ

夫婦で築50年の狭小マンションに引越し。激安セルフリノベとほぼ日手帳とねこと東京の日々

超有名なインダストリアルデザイナーの代表作のアレを断捨離しました

スポンサーリンク

f:id:jikobukken:20171007110431j:plain

超有名なインダストリアルデザイナー(工業デザイナー)、榮久庵 憲司(えくあんけんじ)さんの代表作といえば、キッコーマンのしょうゆ差しです。

憧れて買ってみたのですが、私には使い勝手が悪かったので断捨離します〜

 

 

榮久庵 憲司(えくあんけんじ)さんについて

キッコーマンのしょうゆ差しも有名ですけど、他にもたくさんの工業デザインをしたすごい人。

絶対知ってるし、絶対使ってる、日常に溶け込んでる工業デザインが沢山あります。

ウィキペディアの主な作品のくだりを、ざっとコピペしてみます。

日本楽器製造(ヤマハ) Hi-Fiオーディオ(1953年)
岡村製作所 オフィス家具
キッコーマン 卓上醤油瓶(1960年)/(グッド・デザインマーク商品1993年選定) 
大阪万博会場線モノレール車両、ゴミ箱、ベンチ(1970年)
ヤマハ発動機VMAX(1985年)
ヤマハ発動機モルフォII(1990年) 
コスモ石油 ロゴマーク(1986年)
日本中央競馬会 イメージアップ計画 ロゴマーク(1987年)
ウォール インテリジェント・バスストップ(1999年)
東京都シンボルマーク(1989年)
広島市新交通システムアストラムライン(1994年) 
JR東日本253系電車(「成田エクスプレス」)(1991年) 
JR東日本255系電車(「BOSO VIEW EXPRESS」)
JR東日本E257系電車
JR東日本E259系電車(「成田エクスプレス」)
JR東日本209系電車
JR東日本E217系電車
JR東日本E231系電車
JR東日本E233系電車
新幹線E3系電車(秋田新幹線「こまち」)(1997年)
GREEN MOVER(広島電鉄5000形電車)(1999年)
JALシェルフラットシート(2002年)
富山ライトレール ポートラム(2006年)
福山市立大学校章(2010年)
ヤマハ発動機 Y125 "もえぎ"(2011年)
札幌市交通局A1200形電車(「ポラリス」)(2013年)
GREENMOVER LEX(広島電鉄1000形電車) (2013年)
ゆりかもめ7300系電車 (2014年)
JR西日本227系電車(「Red Wing」) (2014年)

いつも乗ってる電車も、生活に溶け込んだガソリンスタンドの看板やコンビニの看板も、榮久庵さんの作品が沢山あるんです。

 

代表作はキッコーマンのしょうゆ差し

その榮久庵さんの代表作は、キッコーマンのしょうゆ差し。

www.g-mark.org

1960年から一度もデザインを変更していないっていう驚異のロングセラー。

若かりし頃は、ダサい、古臭いと思って使ってこなかったのですが、改めて見てみると(すごい人がデザインしたらしいとか、グッドデザイン賞取ったとかの先入観も込みで見てみると)、シンプルで無駄のないガラス瓶と、赤いキャップ、オレンジのロゴのコントラストの黄金比率。

かっこいいやん!

使ってみたい!

ということで、買って使ってみました。

たった200円のしょうゆ差しに、こだわりと工夫が詰まってるっていうストーリーが素敵よね!

キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ 卓上 150ml×6個

キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ 卓上 150ml×6個

 

 

 

我が家のキッチン事情 

我が家にはゴキブリが出ます。

ホイホイ出ます。

最近は1週間に1回くらいだけど(普通の人ならそれでも多いと思うだろうけど、引っ越し当初は一晩で10匹とか出たからね)、ちっちゃいやつがうろうろしています。

つまりは食べ物を外に出しておけない環境なんです。

ゴキブリの被害を出さないために、冷蔵庫に醤油だって、油だって、ふりかけだって、七味だって、小麦粉だって、何から何まで詰め込んでいます。

つまり、サイドポケットは冷蔵庫に普通は入れずに流しの下に置いておくようなものが、ぎゅーぎゅーに詰め込まれた状態。

そこにこのキッコーマンのしょうゆ差しを置いたらどうなるか?

 

 

倒れるよね。

 

 

こぼれるよね。

 

 

使い始めて早々に、さっさとなくならないかなぁとイライラしながら使う羽目に。

まだ我が家にはちと早かった。

大阪のお家に帰ってから使うことにしましょう。

ということで断捨離します。

 

ブログランキングに登録しています

更新が不定期すぎてランキングとか言うのもおこがましいですが、やっぱり上位だと嬉しいんですよね。 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
クリックしていただけると嬉しいです