トーキョーフタリノベ

夫婦で築50年の狭小マンションに引越し。激安セルフリノベとほぼ日手帳とねこと東京の日々

【ハンドメイド】手作りアロエ化粧水のその後【DIY】

スポンサーリンク

f:id:jikobukken:20170707145931j:plain

本日は伏線回収。

5月末に植え込みで大繁殖していたアロエをちょこっと持ち帰って、冷蔵庫に残ってたワンカップ焼酎(20度)につけたやつがどうなったかをご報告します。

ヒマワリやらアロエやら、やたら草花を拾ってきてますが、東京のオフィス街に住んでるんですよ。

手作りアロエ化粧水を作りました

<アロエを漬け込んだところまでの記事はコチラ>

www.renove.space

拾ってきたアロエを焼酎に入れて2週間ほど寝かせたあと、化粧水の空き瓶に「手作りアロエ焼酎」と「マツキヨで買ったハトムギ化粧水」を半分ずつ入れて使っています(瓶は資生堂のドルックスですが中身は関係ないです)。

 

混ぜた時の写真は撮り忘れましたが、分離するかな〜と不安だったのですが、一回瓶に蓋をしてシャカシャカしたら見事に混ざってくれました。

使い心地はなかなか良い。けど、本当に手作りコスメって大丈夫なのか不安。

アロエ焼酎に防腐剤が入ってないので冷蔵庫で保管して、使うときはコットンに含ませて使っています。

アロエの保水力がすごくて、トロトロの液状になっています。

1分くらいパッティングしていると肌になじんでほっぺがモチモチしてきます。

そのまま寝たら、乳液をつけなくても翌朝もモッチリのまま。

おばさま向けの保湿力マックスタイプの高級化粧水みたいな使い心地なのに、油分が入ってないのでサラっとしてベタつかないというなかなかの使い心地。

焼酎が100円位でアロエが無料ハトムギ化粧水50円分位で瓶が満タンになるのでコスパも最高だと思います。

ただ焼酎を顔につけるのがなんかこわいんだなぁ。

日本酒化粧水とかもあるし、資生堂ドルックスとかの古い化粧水だとアルコールが含まれていたりするので大丈夫とは思うんです。

ネットで見ても大丈夫っぽいし。

だけど私は焼酎を肌に直接つけてそのまま外に飛び出して日光を浴びるのがなんか不安。

多分市販されている化粧水のアルコール度って20度もないと思うので、そのまま使うのがこわくて半分ハトムギ化粧水で混ぜてアルコール度10パーセント程度になっているとは思うのです。

調べてみたよ(引用先

アルコールが入っているものは一般的にこのくらいのようです
しっとり系化粧水-約10%。
さっぱり系の化粧水-約15%
拭き取り用、ニキビ用、収斂化粧水など-20~40%

アルコールは油と馴染みやすいので、脱脂効果があり
多く含まれていると肌が乾燥しやすくなると思います

光毒性とかも書いてないから大丈夫だとは思うのですが、刺激が強いからシミとかできそう…

あとで後悔するのも嫌だし…

なので、夜に使用して朝起きたら洗顔で十分にアロエ化粧水を洗い流してから、普通の化粧水をつけてます。

アロエ化粧水作りを継続するか否か

継続します。

最近顎にずっとニキビができていたんです。

太りすぎだからと諦めていたんですが、この手作りアロエ化粧水をつけはじめてニキビが化膿しなくなり、白い塊でポロっと取れるようになりました。

これは多分アロエ化粧水のおかげなので、また道を通るときにアロエをちょこっともらってこようと思います。

10年前くらいに韓国旅行に行った時に買って以来、夏場は必ずアロエジェルを使い続けているので、もともとアロエの化粧品に良いイメージを抱いてるってのもデカイのかも。

ブログランキングに参加しています。

 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
最近サボり気味でアクセスがぐんと下がってしまった…がんばります…