トーキョーフタリノベ

夫婦で築50年の狭小マンションに引越し。激安セルフリノベとほぼ日手帳とねこと東京の日々

【実家片付け / 収納写真あり】実家の汚キッチンを片付けてミニマリストばりに断捨離しまくりました

スポンサーリンク

f:id:jikobukken:20170620193743j:plain

実家帰省時、キッチン掃除にとりくみ4日間のべ15時間くらいかけて綺麗にしました。

断捨離にも全力投球して生まれ変わったキッチンを大公開します。

ビフォー写真がないのが残念ですが、アフターはこちら。

極限までものを減らす、全ての物の定位置を決める、汚さない環境を作る。

キッチンの引き出しや棚をオープンにした写真がこちらです。

日常的に使うものと、どうしても捨てられないものは残して、全てのものに定位置を決めました、70年近く掃除をしてこなかった人がこれから掃除をするようになるというのは無理なことなので、食器の水切りラックや三角コーナーがなくても問題ないような状態にして、なるべく汚れない環境を作りました。

詰め込みすぎないことと、同じジャンルのものを同じコーナーに置くように意識しています。

片付けることがおっくうにならないように、母の身長と体に無理のない動線を考えて物の位置を決めています。

f:id:jikobukken:20170620193836j:plain

キッチン収納詳細を公開

f:id:jikobukken:20170620200113j:plain

A:吊り戸棚左

上段は母には手が届かないけれど私だけ手が届く場所。

数ヶ月に一度帰省した時に私が使うバイクのヘルメットを収納。

ずっとヘルメットに定位置がなく椅子の上に置きっ放しだったので、余った空間を借りました。

下段はお米と調味料を入れました。

もともとシンク下の開き戸にバスケットが入っていて、さらにそのバスケットの中に入っていたのですが、バスケットを引き出すと奥にでかい生きているゴキブリと死んでいるゴキブリがいたので、ここに食品を置くのは正しくないと思い上に置くことにしました。

手前側にサラダ油、醤油、みりんなどよく使う調味料を、その奥にストックとお酢などを収納。

手前は母の手が届くものの、奥の方は手を伸ばしても届かないので、シンクの積み重ねラックを横向きに配置してストッパーとして使用。

押しても調味料が奥に入り込んでしまわないようにしています。

f:id:jikobukken:20170620200200j:plain

B:吊り戸棚右

上段は多分もう使わなさそうだけど母が捨てられなかった食器。

多分一生使わないけれど捨てられない、亡き父が買った骨董品の食器や塗りのお椀など、めったに来客がないけれど来客用に買ったティーカップとソーサーのセット、めったにないけれどたまにあるという、おかずを作って持ち寄る会合の時におかずを詰めるためのプラスチックの重箱。

下段は砂糖塩コンソメなどの調味料とコーヒー豆のストック。

奥に行ってしまうと手が届かなくなるのでこちらも積み重ねラックを横に倒して設置して調味料がずれるのをブロック。

f:id:jikobukken:20170620200852j:plain

C:吊りスノコ棚

右側は食器の水切りとして使用。

右端にお盆とまな板を立てかけて風通し良く。

アップの写真を撮り忘れましたが、左側はコーヒー豆とお気に入りのマグカップと木箱の3つ。

これは母が毎日5杯以上飲むコーヒーと紅茶のセットを置いています。

木箱にはドリッパー、フィルター、紅茶のティーパック、紅茶に垂らすブランデーを。

母にとってはご飯よりも身近で大切なものなので、キッチンの一番取り出しやすい場所に設置しました。

D:換気扇(レンジフード)

L:IHクッキングヒーター

母は一生レンジフードを掃除することはないと思うので、窓を開けて換気して、換気扇は真冬以外使わないでと伝えました。

IHコンロになったので、油とびも少なくなると思うので私が帰省時に掃除したらもう鐘乳石のように油がポタポタ垂れてコンロに油たまりができるようなことにはならないと思います。

写真ではIHコンロが間に合っていませんが、100Vのアイリスオーヤマのものを購入しました。

200Vの方が火力が強いのですが電気工事が必要。

私は200V推奨ですが、母が工事を嫌ったので100Vの方になりました。

ガラストップのものと、そうでないものがあったので、少し高いですが汚れが拭き取りやすいガラストップをチョイスしています。

レビューを見た所平均3年ほどの寿命なので、火力が弱くて不便だった場合は今のコンロの寿命が尽きてから200Vのものに買い換えようと思います。

母はコーヒーを1日何度も飲むので、ケトルを1つ常時コンロに乗せておくように伝えました。

邪魔な時は右スペースに置くことができます。

アイリスオーヤマ 2口 IHクッキングヒーター 工事不要 100V EIH1470-B

アイリスオーヤマ 2口 IHクッキングヒーター 工事不要 100V EIH1470-B

 

 E:調理台上部スペース

左から歯磨き粉、青いマグカップにカトラリーと歯ブラシ、アラジンのスープポットに調理器具、スポンジ。

母は歯を磨かないのですが、一応歯ブラシを毎日必ず使うカトラリー入れに一緒に入れて、気が向いたら歯を磨ける環境を作りました。

過度な期待は禁物なので、月に1度でもいいから磨いてくれたらいいな。

F:引き出し1段目

母が日常で使う食器を収納。

かがまなくても取り出せるし、片付けるのも引き出しを開けて入れたらいいだけ。

お茶碗、味噌汁茶碗、どんぶり鉢、うどん鉢、ラーメン鉢、丸皿各サイズ、小皿2種。

重ねすぎると片付けが面倒になるので、あと少し減らしたいところ。

f:id:jikobukken:20170620203220j:plain

G:引き出し2段目

サランラップ、アルミホイル、ゴミ袋、ジップロックなどお片づけのための袋類を収納。

週に数回使うものだと思うので取り出しやすい2段目に。

ここにスーパーのビニール袋を貯めることになるので、あまり溜め込みすぎないように注意を促しておきました。

f:id:jikobukken:20170620203544j:plain

H:引き出し3段目

レトルト食品、乾物、インスタント食品など常温保存できる食べ物を入れています。

カレールー、おもちとかそうめん、パスタなんかも買ったらここに保管。

ここを使うのは週1回あるかないか位かなということで3段目にしました。

もっとあるような気がしましたが、意外と買い込んでいなかったです。

f:id:jikobukken:20170620203824j:plain

I:引き出し4段目

ここは他の引き出しより深いのが特徴です。

普段使わないけれどたまに使う食器の二軍たちをまとめて収納しています。

めったに使わないので重ねまくっています。

主に私が帰省した時に使うことになると思います(外食や出前、インスタント中心なのでめったに使わなさそう)。

我が家の食器は1段目とこの4段目だけ。

こんなに食器少ない家ってないんじゃないかな?

(余談ですが、母は食器を白地にネイビー柄で揃えていて趣味が良い)

f:id:jikobukken:20170620204500j:plain

J:シンク

シンクには台所用洗剤を置いておくように伝えました。

母は洗剤の底や設置場所を拭く習慣がないので、洗剤が容器から垂れることによって洗剤でキッチンが汚れてしまうため、シンクに置いた方が絶対マシ。

あと、洗剤を管理できないので台所やコンロ、床を磨く時は食器洗い洗剤を使うように伝えました。

そりゃマイペットの方が落ちるだろうけど、どうせマイペット買うだけでほぼ使わないんだから買わなくていいと思う。

(写真には使いさしの詰め替え用洗剤が写ってますがこの後捨てて食器洗い洗剤だけ残しました)

K:シンク下収納

母が調味料を置いてゴキブリを繁殖させていた場所がここ。

とりあえず絶対食品を置かないように伝えました。

左手前 保温調理器

右手前 ラック上段にアイリスオーヤマダイヤモンドコートのフライパンセット、最下段にざるとボウル2組み(この時点でまだフライパンセットが届いていない)

左奥 ダイソーの無印良品風メイクボックスの中に、栓抜き、缶切り、卵カッター、おろし金などの年に数回使うキッチン用品

右奥 もらいもののフィスラーの鍋(高いからという理由で手放しませんでした。多分保温調理器があるからもう使わないんじゃないかな?一人暮らしには大きすぎるし)

f:id:jikobukken:20170620205239j:plain

M:コンロ下収納

掃除道具を洗剤、殺虫剤を収納。

スポンジ、掃除機のパック、ポリバケツの中には、掃除機の吸い込み口の取り替えが入っています。

カビキラー、ジフは一応残してみた。

リセッシュは使っているようなので詰め替え用を残してみた。

母は塩素系漂白剤が好きなようなので、ハイターは捨てずにストックしました。

殺虫剤も使ってない感じだけどいざという時にないと困るので一応残してみた。

(このコーナーは次回帰省時チェックして使ってなさそうなら廃棄していくつもり)

奥にはシステムキッチンの初期装備品引き出し用の仕切りトレイを放り込んでいます。

捨てたら退去時にお金めちゃくちゃ取られそうだし捨てられない。

f:id:jikobukken:20170620205624j:plain

N:調理台下収納

幅が狭く、後ろにテーブルがあって取り出しにくいスペース。

日用品を入れてみたものの、ここは結局収納場所がないものの墓場になってしまった。

キッチンペーパー、軍手、歯ブラシ。

歯ブラシは帰省ごとに私が使ったら1年以内になくなるので、そしたらストックを買わないようにしてもらおうと思います。

軍手も本当はこんなにいらない…ていうか軍手ここじゃないよね。

キッチンペーパーはラップのところに置きたかったんだけど入りきらずここに。

キッチンペーパー使ってるのか母に尋ねたら、何かこぼしたら上に乗せて置いておいて水分を吸わせるねんって言ってて、ていうか乗せるだけじゃなく拭き取ってくれよ!!

濡れたタオルで拭き取ってくれ!って強く思いました。

f:id:jikobukken:20170620210300j:plain

以上が断捨離&大掃除後の実家のキッチン収納の全貌です

右下の調理台下収納以外は、使用頻度と動線を考えてシステマチックにわかりやすいジャンル分けで収納できていると思います。

母が楽しみながら不便なく暮らせますように。

この状態をなるべく長い間維持してくれますように。

あっという間に元どおりの汚家になりませんように。

明日は裏話と、トイレ、お風呂、洗面台の掃除後のアフター写真を公開します。

ありがとうございます。ブログランキング2日で15位から5位まで戻ってきました

 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
毎日ランキングチェックするのが生活の楽しみになっています。

応援クリック本当にありがとうございます。

 

過去記事はこちらから
www.renove.space

www.renove.space