トーキョーフタリノベ

夫婦で築50年の狭小マンションに引越し。激安セルフリノベとほぼ日手帳とねこと東京の日々

ほぼ日おまけページの「ダウンロードシティ」を印刷して家計簿をつけてみた

スポンサーリンク

f:id:jikobukken:20170602233403j:plain

ほぼ日手帳のサイトには「ダウンロードシティ」なる、おまけページがあります。

おこずかい帳に基礎体温表、時刻表などあると便利なものから、俳句、短歌ノート、書き初めシート、おいしいものリストなどいらないけどあったら楽しいものまでいろいろ揃ってます。

ほぼ日ユーザーでない人も自分でプリントアウトして使うことができるので、ぜひ覗いてみてください。

ダウンロードシティは眺めるだけでも楽しい

www.1101.com

「ダウンロードシティ」は、ほぼ日手帳ユーザーが(そうでない人も)無料でプリントアウトして、貼り付けて手帳をカスタマイズすることができる、おまけのページです。

カバーの上に挟んで表紙をかわいくカスタムできる「カバーオンカバー」用の写真や、アドレス帳、ラジオ体操カード、人気温泉リストなど、なくても困らないけどあると生活がより楽しくなるおまけが揃っています。

我が家にはプリンターがなかったので指を加えて眺めてたのですが、先週楽天ポイントが溜まっていたので超安いプリンターを購入しました(ほぼダウンロードシティ目当て)。

おこずかい帳を家計簿として使ってみました

完全に丼勘定で生活してきたのですが、生活が変わって何がなんだかわからなくなってきたので、一旦ざっくりで良いので1ヶ月のお金の流れを把握したいなと思ってレシートと値段を書き出してみました。

食費とか娯楽費でジャンル分けせず、「生活に必要なもの」と「ぜいたくしたもの」で色分けして記入。

贅沢してないつもりでしたが、引っ越してから私コンビニでめちゃくちゃ無駄な買い物をしていることが判明しました(スーパー遠いから…)。

6月はコンビニでの買い物を減らすところからですね。

セルフリノベーション専用のお買い物リストも作成

3万円という予算ではじめたセルフリノベーション。

買ったものもダウンロードシティからプリントアウトした「お買い物リスト」に書き込みました。

どこで何を買っていくらだったのかが一目でわかるので、なんとなくダラダラ買っていたものを把握することができました。

f:id:jikobukken:20170602235608j:plain

このおまけページ別にほぼ日ユーザーじゃなくても使えちゃいます

ほぼ日のオリジナルは文庫本サイズ

ほぼ日のカズンはA5サイズ

なので、実はほぼ日手帳ユーザー以外もこのサイズに該当するスケジュール帳を使っていたらプリントアウトして使うことができます。

普通の手帳にはない遊び心が詰まってるので、是非チェックしてみてください。

www.1101.com

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
6月も毎日更新を目標に頑張ります!応援よろしくお願いします

 

はてなブロガーの登録お待ちしてます→