トーキョーフタリノベ

夫婦で築50年の狭小マンションに引越し。激安セルフリノベとほぼ日手帳とねこと東京の日々

引越し前にひとつだけ用意して新居に持って行ったものはダイソーの「リメイクシート」でした

スポンサーリンク

f:id:jikobukken:20170517082822j:plain

引っ越す部屋が決まってからは、間取り図を見ながら何を買い足したら暮らしやすくなるかというシミュレーションはずっとしていたのですが、実際に暮らしてみて何が必要なのかを見極めてから買い足していこうと思い、新居に必要なものを買って行くということはしませんでした。

ただひとつを除いては。

ダイソーのリノベーションシートを36個購入して行きました

「ダイソー リメイクシート」

で検索すると、まとめサイトがダダダーと出てきます。

とりあえず1つリンクしておきますが、気になる方は自分で検索してみてください。

folk-media.com

なんてことはない木目調のカッティングシートなのですが、最近これを使ってDIYするのが密かなブームになっていまして、ダイソー、セリア、キャンドゥと各社オリジナルでいろいろな柄を企画販売しています。

私が選んだのはダイソーの白いユーズド加工された木目調のもの(なぜなら近所にダイソーがあったから)。

90センチ×45センチで100円という激安価格。

ダイソーに行き店頭に出ているものだけでは足りず、店の奥にある商品も持ってきてもらい、その店にある商品全てを買い占め。

レジで会計してみると合計36個でした。

ダイソーのリメイクシートで押入れをリメイクすることに

押入れのふすまを取っ払ってオープン収納にしようと思ったのはふすまが汚いから。

最初はふすまに壁紙を貼ってリメイクしようかと思っていたのですが、のり付き壁紙を押入れと天袋のふすまに貼るだけで8000円かかってしまう(のり付き壁紙@¥600×12m+送料で計算)、それに退去時に何か言われたら嫌だし(ボロボロだから言われない可能性の方が高いですが)。

なので手っ取り早くふすまを取っ払うことにしました。

押入れの中板に使われているむき出しの合板がずっと見えているのって不細工で生活していてテンション上がらないなと思ったので、リメイクシートで隠すことに。

引越しして一番にこの作業をしないと荷物を押入れに片付けることができないので、引越し後すぐにDIYがはじめられるようにあらかじめ購入して持って行きました。

引っ越してみると新しいマンションの近所に100均がなかったので、本当に買っておいて良かったとしみじみ。

 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村参加中クリックをお願いします

 

 【予告】なんか前置きだらけで全然リノベーションはじまらなくてすみません。

いよいよ次は押入れリノベーションの記事です。