トーキョーフタリノベ

夫婦で築50年の狭小マンションに引越し。激安セルフリノベとほぼ日手帳とねこと東京の日々

トーキョーフタリノベが暮らしている家について(入居時の写真と間取り図)

スポンサーリンク

f:id:jikobukken:20170517084753j:plain

東京のラッシュアワーの世知辛さに心が折れたユキヒロのために、ビジネス街のど真ん中にある出向先まで徒歩5分の海の見えるマンションを借りました。

築49年29平米のお部屋は「決して綺麗ではないだろうなあ」と予想してはいましたが、現実は予想以上にボロボロでゴキブリだらけで下水臭が充満していました。 

 玄関スペース

f:id:jikobukken:20170510175334j:plain

作り付けの靴箱と2層式用の洗濯パン(排水口なしでユニットバスに水を流すタイプ)が置かれている玄関。

靴箱の中の棚板が3段中2段が最初から崩れていて靴箱として機能していない…

f:id:jikobukken:20170510175903j:plain

ユキヒロが内覧時に撮影した写真(わかりにくいな…)。

棚板は芯材の上下にベニヤを貼り合わせてあるのですが、50年前のものなのでボンドが剥がれてしまってバラバラになっていました。

不動産屋さんに確認すると破棄して良いですよとのこと。

ただ、靴箱自体は頑丈で動かせないので、外側はこのままで使い道を新たに考えることになりそうです。

ユニットバス

f:id:jikobukken:20170510180302j:plain

f:id:jikobukken:20170510181731j:plain

この引越しで一番甘く見ていたのがこのユニットバス。

下水臭がすごい。

ユキヒロは内覧時に気づいていたものの、半年以上未入居で排水トラップが乾いたことによって下水臭がしているのだろうと予測して問題ないと考えていましたが、入居から数日たってもすごい下水臭。

とりあえず洗面台は使用禁止。

ゴム栓をして上のオーバーフロー用穴は養生テープで塞いでおこう。

お風呂の排水溝が一番臭いが上がってくる難関。

おえっとなるほどの臭い…とりあえずお風呂に入る時以外はテープで封印しました。

泣きっ面に蜂とはこのこと。

なんと、ユニットバスについている小窓が固着して全く開きません!

しかも換気扇もない!

今不動産屋さん経由でオーナーに確認をしてもらっているのですが、下水臭に湿気、カビ臭さと、ドアを閉めても家中にユニットバスの臭いが漏れてきて地獄の入り口くらいの感じ。

あとね、便器の上にあるむき出しのパイプ、こりゃ何だ!?(写真左上。あまりに気味が悪かったので事前にエアコン用粘土を購入して行き当日即穴を塞いだため穴が空いてる写真がありません)

便器を止めているネジは真っ赤にサビていて、便座のゴムクッションは一部欠損あり。

さて、どうしていこうかね。

あと、給湯に使うバランス釜「追い炊きに自信がない」とのことですが、追い炊きしなければいいからこれは許す(事前に聞いてたからこれはまあいい)。

まずは便利に使いこなす前に、衛生的に不愉快な気持ちにならない程度までもっていきたいところ。

超難関!

キッチン

f:id:jikobukken:20170510183158j:plain

f:id:jikobukken:20170510181955j:plain

不動産サイトに掲載されているキッチンの写真を見る限りそこそこ綺麗だと思っていたのですが(レトロでかわいいとさえ思っていた)、実際見るとタイルの隙間はカビだらけ、コンロのシールは油まみれ、吊り戸棚の中はシミだらけ。

しかもシンク下の開き戸を開けるとここもまた下水臭がするんです。

とほほだよー

どうしようもないのだけれど、古いキッチンなので高さが80センチしかない。

通常のキッチンは85センチ、大阪の自宅のキッチンを90センチで特注していたヘルニア持ちのコハナには厳しいかな。

へんなところに換気扇がついているキッチンなのですが、この換気扇のシャッターが壊れていて閉まらず排気ダクトからゴキブリが入ってきている模様。

うむむ。

ここも使いやすく工夫していかねばなりますまい。

和室2部屋と11枚のふすま

f:id:jikobukken:20170510184706j:plain

f:id:jikobukken:20170510183309j:plain

f:id:jikobukken:20170510184231j:plain

f:id:jikobukken:20170512142154j:image

 

この部屋の一番の魅力は南東に大きな窓があり、そこから海が見えること。

遮る建物が何もなくお日様が気持ちよくて風が通ること。

畳も不動産サイトの写真だと表替えしてあって綺麗だと思っていたのに、実際見てみるとそうでもなくあちこち削られ、ふかふかというかぶわぶわなところもあったりするし、押入れには大きなシミ、構造用コンクリが欠けている、訳のわかんない配線があちこち、釘が鴨居に山ほど打ち付けてあったり穴が空いてたりいろいろあるけど、それを補ってあまりある気持ちの良い景色が広がる窓。

この家そんなに広い訳でもないのに(ちゅうか狭いのに)、なぜかふすまが11枚もはめ込んであります。

で、50年前のふすまなのでボロボロのずるずる。

レールもふるまもすりへってふすまをあけると滑りがわるかったり、こちらに倒れてきたり。

捨てたい…

捨てたいよう…

ここからセルフリノベーションを開始します

少しでも気持ちよく生活できる部屋になりますように。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村久しぶりにチェックしたら50位以下でした。

いつかまた1位に返り咲くぞ!どうかクリックをお願いします